Top
伝統行事の参加
今日まで実家に帰ってました。
お正月に帰れなかったのでこの連休になったのですが、色々することも多くあまりゆっくり・・・という感じではなく過ごしてきました。

といっても子供はおおはしゃぎ。
特に伝統行事である「鬼火たき」を見ているときは、初体験ということもあり、かなり感動してました(笑)。
d0087397_21351641.jpg

鹿児島では馴染み深い「鬼火たき」という行事は、いわゆる厄払いのような意味合いがあるようで、昨年のお正月飾りやらお札やらを竹で組んだやぐらに火をつけ一緒に焼いてしまう、というものです。

大きな火を間近で見る機会のないウチの子供たちも、この大迫力にただぼーーぜん・・・。
竹のパン!!という音にはびくつきながらも、ずーーっと燃え落ちるのを見てました。
遊園地のアトラクションなどではなく、本当の自然の火だったのが更に子供の好奇心をくすぐったのでしょう。

最後にはその残り火で焼いたお餅を食べると「無病息災」といわれているので、早速焼いてもらい食べてきました。
オーブントースターではなく、本当の火で焼くお餅をみて子供は一言
「これ食べられるの?!」

そりゃあそんな風に焼くことを知らない子には、不思議な感じなのでしょうね(笑)。
とにかく、子供にこんな伝統行事を見せ、体験させてあげたれただけでも本当によかったと思います。

明日からは幼稚園も3学期開始です。
子供よりなぜか緊張し、色々バタバタしてしまうのは、親の方なんですよね。
子供の幼稚園開始が、お正月の終わりを感じさせます。
[PR]
Top▲ | by soushimei | 2007-01-08 21:45 | 必要な時間
<< 1DAYSHOPの最終段階 | ページトップ | 佐賀のがばいばあちゃん >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin